映画

ボロボロ泣ける!感動する映画(邦画)3選|めっちゃ泣ける切ない日本映画

今回は、ボロボロ泣ける邦画を紹介していきます。

切ない映画から、ボロボロ泣けるものまで、紹介していきます。

ボロボロ泣ける!感動する映画(邦画)3選

八日目の蝉

とにかく切ない

30代女性 ★★★★★

永作博美さん演じる主人公が、乳児誘拐し実の子供として育てていく作品。最終的には、警察に捕まり子供も生みの親元に返されるのだが、子としては産みの親より犯罪者である育ての親に愛を感じる。

後半にある警察に捕まるシーンはかなり泣ける。犯罪ではあるが、愛情をいっぱい注ぐと子供もそれに応えて愛情を返してくれるのが、切ない。

南極物語

何度見ても泣かされます

40代女性 ★★★★★

天候悪化によって犬を置いて南極を離れざるを得ない状況におかれた隊員たちが、犬たちに良かれと思って首輪の調整をしてやったり、「必ずすぐに戻ってくるからな」と言い聞かせていたシーンが、スクリーンの中の隊員たちは本気ですぐに犬たちと再会できると信じているけれども、私たち映画を見ている人間はすぐには帰ってこれないと知っている、というギャップに、何度見ても泣かされます。

 

今夜ロマンス劇場で

切なすぎるラストシーンに号泣

40代女性 ★★★★★

とても切ない恋愛映画です。モノクロ映画の中から抜け出してきたお姫様と映画監督を目指す青年の恋の話です。

綾瀬はるかと坂口健太郎のいきぴったりのラブロマンスです。切なすぎるラストシーンに号泣してしまいました。綾瀬はるかのファッションも素敵です。

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

大人になってからもう一度見てほしい作品

20代男性 ★★★★★

“家族との思い出を忘れ、子供に戻ってしまったヒロシが、しんのすけによって思い出を取り戻すシーンが大人になって改めて泣けます。

映画終盤で、過去に戻りたい敵と未来に進みたいしんのすけのやり取りがジーンとしました。
大人になってからもう一度是非見てほしい作品です。”

海街diary

幸せになりたいときに観たい映画

30代女性 ★★★★★

四姉妹の話なのですが、とにかく四人ともかわいいし演技が上手なので観ていて安心感があります。

こんなきれいな四姉妹いないよー、と突っ込みたくなるくらいみんな綺麗です。そして話がいい。ほっこりと安心できて、でも泣かせるところもあり…

幸せになりたいときに観たい映画です。

以上です。

ぜひ、チェックしてみてください。