Just another WordPress site

nikkee

ラノベ

バトル ファンタジー ラノベ おすすめ 一覧

更新日:

 

おすすめのバトルファンタジーもののラノベをいくつか紹介させて頂きます。

 

神託学園の超越者

 

感想

自分の今いる世界は実在しているのか、それとも架空のものなのか。

美景原高校の生徒にだけ、ある日突然、神が超能力を与えてきたという学園バトルものファンタジーですが、たった一人だけ能力が与えられなかった少女(天枷杏奈)が意気揚々としている姿が新しく感じました。

また、主人公が「自分がいる世界は小説の中だ」とメタ認識を前提として活躍する姿も新鮮で、今までの学園ファンタジーとは違った一面を持った作品でした。

 

 

 

ソードアート・オンライン

 

メモ

VR世界のRPGの世界で主人公が成長していく物語です。

主人公キリトの活躍ももちろんかっこよくて素敵ですが、ヒロインであるアスナが魅力的です。ストーリー部分やバトル部分だけでなく、キリトとアスナの恋模様も見どころです。

とても人気でアニメ化もされました。劇場アニメ化もしています。

 

 

とある魔術の禁書目録

超能力×科学の世界を舞台にした学園バトルものです。そこに魔術の要素も加わります。

超能力や魔術といったオカルト的な部分の魅力はもちろん、超能力も魔術も使えない主人公の存在や、主人公オリジナルの戦い方も魅力です。とあるシリーズはどれも面白いです。

 

 

氷結鏡界のエデン

「魔笛」という力を持つ謎の存在「幽幻種」という脅威が存在する世界。人々が生きることができる地は、巫女の祈りによってなる「氷結鏡界」に守られる「浮遊大陸オービエ・クレア」のみであった。

オービエ・クレア第二居住区の喫茶店に居候する少年シェルティスは、かつて天結宮(ソフィア)で氷結鏡界を守る巫女のために戦う護士として双剣を振るっていた。

しかし、とある任務中の事故で浮遊大陸から穢歌の庭へ落下、誰もが彼の死亡を確信した。だが1年後、彼は浮遊大陸へ奇跡の生還を果たす。その身に、魔笛を宿して。(wiki)

 

カナクのキセキ

千年前、マールと呼ばれる深紅の髪の魔女がいた。魔法学校を卒業したカナクは、ある目的を胸に秘め、彼女が大陸各地に遺した石碑を独りで巡ることを決意するが、学校一の魔法の天才にして美少女、そしてセレンディア公の娘と三拍子揃ったユーリエも、カナクの旅に同行することとなる。それは、甘く切ない恋の道のり、そして、思いがけない真実へと至る不思議な旅の始まりでもあった。(wikiより)

 

影執事マルク

架空の世界を舞台に、異能に目覚めた<契約者>たちが織りなすアクションストーリー。アメリカ禁酒法時代をベースにしたと思われる時代背景をもとに、契約者たちによる出会いやアクション、すれ違い、恋模様などが描かれる。主人公であるマルクは炭鉱の町の片隅にそびえる<蜃気楼の屋敷>に執事として仕え、主であるエルミナを守るため、エルミナを狙う<宣教師>や殺し屋、そして代々の<精杯の姫>を取り巻く因縁と戦う。(wikiより)

Dクラッカーズ

通称・カプセルと呼ばれるドラッグには、不可思議な噂があった。曰く――飲めば、天使や悪魔が出てきて願い事を叶えてくれる、と。7年ぶりに日本に帰国した姫木梓を待っていたのは、陰を持つようになった幼なじみの物部景と、彼がカプセルを常用しているという事実。

「僕は自分の意志でここにいる」

記憶の中と同じ声で、でも記憶の中とは違う瞳で景は梓に囁く。

「君は関わっちゃいけない」

カプセルの真実の効力、それに秘められたキーワード。王国、悪魔、そして無慈悲な女王――。幻覚の世界をひもとく“鍵”がかみ合ったとき、世界は新たな形となって梓の前に現れる。(wikiより)

 

ダークエルフの口づけ

“ダークエルフの口づけ―それは、死の宣告。”少年アマデオは、ダークエルフの一味に村を襲われ、親類友人を惨殺されてしまう。そして少年自身も追い詰められ、死を覚悟する。そのとき現れ、彼を救ったのは、美しいエルフの女性ベラだった。数年後、青年に成長したアマデオは、ベラの下で警備兵となっていた。ベラの役職は国の最重要施設の保安主任。だが彼女の正体は、ダークエルフの里から送り込まれた密偵だった―!舞台は、暗黒神信仰が認められ、ダークエルフに市民権が与えられた国、「混沌の王国」ファンドリア。闇よりも深い、ダークエルフの心の裡を炙り出す、待望の新シリーズ開幕。(amazon)

 

 

彼女は戦争妖精

ある日、ほぼ一人暮らし(正確には1年の大半を海外で過ごす叔父との二人暮らし)の高校生、宮本伊織の家に大きな木箱が届けられた。宛てはなんと行方不明の父親からのものだった。だが、発送されたのは7年前で、その間は何かの手違いで港の倉庫に眠っていたのだという。木箱を開けると中身は未使用の棺だった。そしてその棺の中にはビスクドール、かと思いきや生きている少女が眠っていた。その少女―クリスタベル―は自らをウォーライクと名乗り、エリジウムに帰らなくてはならないと伊織に告げる。

最初はクリスタベルの発言を疑い、邪険に扱っていた伊織だが、買い物帰りに不穏な世界に取り込まれ、いきなり槍を持ち、常人とは思えぬ力を使う男に襲われる。そして逃げ続ける伊織にクリスタベルはそっとキスをすると、自分の影の中へと潜り込み剣となって現れた。困惑する伊織にどこかから声が飛んできた。早くその剣を取れ、と。

そして決着をつけた伊織のもとに見覚えのある女―美術教師の早瀬薬子―、声の正体の人物がやって来た。薬子もウォーライクを連れていた。そして伊織は薬子にウォーライクとは何なのかを教えてもらう。

伊織はクリスタベルを守るために、二人で平穏に暮らすために様様な敵に立ち向かっていくファンタジー物語。(wiki)

 

GENEZ-ジーンズ

 

(あらすじ)半魚人や精霊が存在する現代。戦火が絶えず、戦闘用強化外骨格〈GENEZ〉が存在する世界。

親に見捨てられ、民間軍事会社「グリークス」に所属するGENEZの操縦者である大牙謙吾と、不思議な力を持つ岩清水ユキナ、同じくGENEZの操縦者である堤彩離やゴーレムのセルジュ・ドラグレスクらは、自らの過去や大切な人の死、他人との矛盾と対峙しながら日々、世界を守ろうと戦っている。(wiki)

 

 

-ラノベ

Copyright© nikkee , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.